オトコム・コラム

ディズニーランドに学ぶ Vol.16

フリーランス仲間とディズニーランドを、ビジネス目線で科学しに闊歩しました。

結果、『非日常』に対して対価を得るには、お洒落・世界観・動線…etc細やかな気遣いが必須だと感じた。

それにしても。ウォルト・ディズニーの経歴を眺めると…

アニメーター
映画監督
プロデューサー
脚本家
声優
実業家
エンターテイナー

総合的なクリエイターであることに辿り着く。

また、彼の軌跡を辿ると、「大人の為の遊園地」を創りたい!!その夢が天国へ召され尚、私達大人を子供を人間を癒やし続けている。

ターゲットは、大人だ。

地球と言うテーマパークにおいて「私」と言う主人公の台本を描く私達。アニメーターも恐らく、含めて(※アニメーターについては深ぼっていないが💦)、自身の人生のこれらである必要があるのだろう。

映画監督
プロデューサー
脚本家
声優
実業家
エンターテイナー

一番目についたのは。彼は先ず最初に大人のテーマパークの、間取り図?設計図を書いていたらしい。

私がいた昨日のディズニーランドは、
何十年も前には、彼の脳味噌の中だった。私も私のテーマパークの設計図を書こう。

そう言えば小さい頃、鳥のお家の設計図良くかいてたっけ!アニメも大好きだ!小さな私の夢の国を創ろう。

written by ルイ