パートナーシップ

好きな人選びの基準は匂い!?女は嗅覚で運命のパートナーを嗅ぎ分けられる!

いつの時代も、オトコもオンナも、老いも若いも、共通して抱いている大きな野望がある。
 
そう、それこそが【モテたい!】
 
カッコいいメンズがモテるの?
かわいいレディーがモテるの?
 
いいや、単に容姿がステキだからモテる時代はもう終わったのです!
今や、モテの基準に”匂い”が入っていることを皆さんはご存知でしょうか?
今日は匂いとモテ論について、経験談とともにお話をしていきますね。
 

モテたいと思わないようにしているうちは、無性にモテたいのだ!

突然ですが、みなさんは人生でたった一度だけでもいいので、”モテたい”と思ったことはありますか?
そして、”モテる”ために何か些細なことでもいいので努力をしたことはありますか?

 
正直…私はあります!(笑)
 
今でこそ、「個性は魅力!」なんて、声を大にして言っておりますが、その昔は異性にモテるために必死でした。
気になる人に振り向いてもらうためにキレイめのお洋服を買ってみたり…
私というニンゲンに興味を持ってもらうために気を衒ったことを言ってみたり…
甘い香りの香水をバッシャバシャに付けてみたり…。
もちろん、どれも玉砕だったことは言うまでもありません(笑)
 

モテるためには本能に働きかけろ!

お洒落な恰好をするのも、面白いお話をするのも、いい匂いを漂わせるのも、どれも素晴らしいモテ対策だと思います。
しかしオトコムから言わせてみれば、少し手厳しい表現になりますが、どれも着飾っているだけ。
もっとニンゲンという動物の本質をついたところからモテを発揮しなければならない時代になってきたのです。
 
いきなりそんなことを言われても…困っちゃいますよね。
まずは実際にあったこんな小噺をご紹介しますね。
 
 
ぱっちりお目目にかわいい身長、オトコなら誰もが守ってあげたくなっちゃうようなA子ちゃん。
仕事も出来て、容姿端麗で、オンナなら誰もが付いていきたくなっちゃうようなB男くん。
二人は同じ職場で働く同僚、同世代。
一緒にいる時の雰囲気はとてもいい感じで、むしろ居心地の良い関係。
気も合うし、話も合うし、食の好みも合う。
お互いに「交際」の文字が頭をよぎったのですが…
二人は一度もお付き合いをすることもなく、仲の良かった関係は疎遠になってしまいました。
 
そんな恋バナを明るく話してくれたA子ちゃん。
実は、この恋バナには衝撃的な、だけど切実な結末が待っていたのです。
 

A子ちゃん
A子ちゃん
B男くんのニオイがダメだったの。ワキガとか、そうゆうのじゃなくて…なんだろう…ヒトの匂いがダメだったの…。

 
A子ちゃんのこのコメントを聞いて、「えっ!?それだけ?」って思った方!
それは…ちょっと甘いぞ~!(笑)
 
例えば、話題が合わなければ、共通の話題を探せば良い。なんなら、一緒に過ごす時間がある程度長くなれば話題なんて幾らでも生まれるがはずです。すなわち、この問題は、解決しやすい問題なのです。
食の好みが合わないなら、お互いに好きなものを食べればいい。食の好みが合わないのも、破局の原因に挙がりやすいですが、別に交際関係が破綻するような重大な問題ではないのです。
しかし、相手のニオイが合わないというのは、本能的に無理に等しい位、絶望的なのです。
 
だって、コレを読んでくれている”あなた”は、自分のニオイってこんな匂いがするんだ~って、人に説明できますか?それも、香水とか、洗濯せっけんとか、シャンプーの匂いとかじゃなく、あなたというニンゲンの匂いを説明するんですよ!
こんなにもアロマとか、匂いとかいろいろ言っている私でも、私は、わたし自身の匂いの説明はできません!だって、自分がどんなニオイなのかを自覚していないから。だけど、私にはわたしの匂いというものが必ずあって、あなたにもあなたの匂いというものが必ずあるのです!そして、これは簡単に変えることのできない自分なのです。
 
さらに驚きなのが…
A子ちゃんと全くつながりのないC子ちゃんも、つい先日大好きだった彼氏とお別れしたのです。彼の匂いが合わなくて…。
 

オンナは男の匂いに恋をする

 

科学的に証明されていた!ニオイと恋の深い関係!


恋愛とヒトの匂いが密接な関係であることは、科学的にも証明されています。
スイスの研究者がニオイに関する興味深い実験を行っています。
実験の方法は、被験者となる男性44人にTシャツを2日間着用してもらいます。この時、香水やデオドラントの着用は禁止しています。そして、男性が2日間着用したTシャツを、女性の被験者49人に渡し、いいニオイだと感じたTシャツを選んでもらいます。
この結果、女性は自分の遺伝子とは遠い遺伝情報を持つ男性のニオイに惹かれるということがわかったのです
 
つまり、女性は本能に正直なのです。
そして、生物学的に相性のよい異性とは遺伝子レベルで惹かれ合っていることが、先の実験より分かりましたね。そうです、「この人のニオイ、好きかも」と思った相手とはうまくいくということなんです。遺伝子レベルで惹かれ合っている、つまりは本能。ステキなパートナーを遺伝子レベルで見つけられたら…こんなにロマンティックなことはないですよね。
 

オンナは男の匂いに恋をすることは、科学的に証明されていた!

 

自分のニオイをケアしたい!そんな時はやさしいハーブの香りを使って!

「女はニオイでパートナーを見つけている」なんて聞いたら、どんなにモテたくても、もう対策のしようがないですよね…。なんなら絶望的な、そんな記事になってしまいましたが、まだ大丈夫!
自分のニオイを簡単に変えることはできませんが、自分のニオイを丁寧にケアすることはできます。冒頭で、香水でいい香りを身に纏っても着飾っているだけ!なんて厳しい事を言いましたが、匂いケアの目的や方法を少し変えるだけで、オンナの本能に働きかけるモテ男になれちゃうんです!
 
そんな魔法のような匂いケアとは…やっぱりアロマ!(笑)
実は、香水のような強い香りでニオイを覆い隠すことを「マスキング」と言います。マスキングは、元々あるニオイを更に強いニオイで包み隠すこと。これでは、元あるニオイとそこに被さった強いニオイが喧嘩してしまいます。
 
そこで上手に活用して頂きたいのがアロマやハーブの香り。
ハーブの中には抗菌効果やリラックス効果が香りも多くあり、匂いケア加えて、プラスの効果が得られるのも嬉しいポイント。さらに、使い方も直接肌に塗布するだけでなく、濡れタオルにアロマを染み込ませ、シップのように使ってみたり、マッサージ(キャリア)オイルと混ぜで香りを柔らかくさせたりと、その日の気分や、体温に合わせて香りの強さを調節できるのも魅力的ですよね。
 

オトコム的最強モテ男になれるモテオイル!シュートラン


シュートランは男性としての魅力と自信を高めるために特別に開発された男性向け香水として発売されているアロマオイルです 日々さまざまな苦難に立ち向かっている男性に男らしさや勇気、自信と大きな愛を与えてくれる香りです。
 

自分軸を守りたい時にも大活躍!ホワイトアンジェリカ


このオイルはもともと、他者のエネルギーやオーラから自分自身を護るためにブレンドされたオイル。ですが、タンジェリンの爽やかな香りが女の子にも好評なオイルです。多くの人が「いい香り~」と感じやすい、マイルドなオイルです。
 

楽しい自分を演出!ワイエルジョイ


ワイエルジョイはイランイランやゼラニウム、ジャスミン、パルマローザ、ローズ、ベルガモット、レモン、タンジェリン等、花とシトラスの融合が魅惑的でエキゾチックな香りを生み出しています。ロマンスを引き寄せ、周囲にも喜びをもたらす魅力的な香りは香水やコロンとしても使えます。共感を誘う ブレンドは世界中で愛されています。ワクワクするような時間を共有したい時におすすめの1本です。私も今は、このオイルを毎日使いまくってます(笑)
 
精油を香水代わりにつける時のポイントとしては、
・直射日光にあたりにくい場所につける
・肌に塗布するときは、マッサージオイルなどのキャリアオイルを併用する
・たっぷりドバドバ使わず、少量をチョンと香らせる程度に使う

~の3つです!
 
特に大切なのが3つ目!
例えば、「シャンプーのいい香り♪」に胸がときめいたことはありませんか?
あれって、すっごい濃い香りじゃないからこそ、香りに恋できるんです!
ほのかに香る、これがモテオイルの効果を最大限に活用するための使い方です!
ぜひ、ほのかにいい香りのするモテ芳香男子になっちゃってくださいね^^
 

ニオイモテの極意は、ほのかにいい香りを漂わす